All about Photonics

Science/Research 詳細

市街環境で自動走行を可能にするローコストLIDAR

July, 3, 2015, Regensburg--世界初の自動走行車を実現する競争で、Osramとファントムインテリジェンス(Phantom Intelligence)は、2018 Euro NCAP自動緊急制動要件を満たすローコストLIDAR検出システムで準備を進めている。ファントムインテリジェンスは、LIDARを専門にするスタートアップ企業。
 LIDARは、レーダ原理で機能するが、専用の赤外パルス光を利用する。現在のシステムは大きく、高価であるが、ファントムインテリジェンスの自動車用広角(Automotive Wideview) LIDARはコンパクトで安価なユニット。これは、市街走行における低速障害検知での信頼性が実証されている。
 ファントムインテリジェンスは、Osramの赤外パルスレーザ(2×SPL LL90_3)とフォトディテクタ(7×SFH2400FA)を使って耐候性LIDARシステムを開発した。このシステムは路上の物体をを発見し衝突回避できる。レーザは、70Wピーク出力で最大40%の高効率を実現しており、長寿命動作を達成する。PDは、短いスイッチングタイムにより特に自動車アプリケーションに適している。積極安全性を可能にするためにファントムのLIDARを車輌に組み込んだ最初の部品メーカーは、コスト節約を実現し、パフォーマンス向上を可能にしている。
 Osramオプトセミコンダクタの赤外製品マーケティングマネージャー、Rajeev Thakur氏は、「Osramの品質とコスト効果の優れた赤外製品により、このローコストLIDARシステムは、先進的なドライバー支援システム市場で間もなく実現可能になる」とコメントしている。
ne ヨーロッパとUS NCAP規則は、五つ星車輌安全評価を得るために、車輌が一定基準を満たすことを求めている。Osramのサポートによりファントムインテリジェンスは、次世代LIDARシステム実現を計画している。次世代システムは、障害検知と衝突緩和ソリューションを改善し、あらゆる車輌の安全製を高めることを目標にしている。