All about Photonics

Science/Research 詳細

QinetiQ、世界初のレーザ制御ドローンをデモ

August, 3, 2022, Hampshire--QinetiQは、レーザ通信システムによる制御される世界初の空中無人プラットフォームのデモンストレーション成功を発表した。これにより、将来、軍の隠れた、低検出確率オペレーションが強化される。

革新的デモンストレーションは、地上のオペレータによる空中無人飛行システム(UAS)の制御だった。制御コマンドを送信し、センサとプラットフォーム情報を受信する、これには、そのミッション通信システムにおける双方向リンクとしてフリースペース光通信(FSOC)が含まれる。FSOCは、非常に高帯域であり、通信の検出確率は極めて低く、低兵站フットプリント、敵がRFスペクトルを無効にするための巨額投資を否定する可能性がある。

空中無人プラットフォームの制御は、過去においては、検出と干渉の傾向があるRF技術を利用していた。これは、セキュア、極秘オペレーションを必要とするRF対抗環境における運用手段として統合FSOCシステムのデモンストレーション成功である。

デモンストレーションは、DSTL Air Command and Control(C2)、Intelligence Surveillance & Reconnaissance (ISR)および相互運用性プロジェクトの一環をなす。プロジェクトの目的に含まれるのは、通信システムのデジタル相互運用性と障害耐性の両方、これは空中プラットフォームと関連機能(現在および可能性)を結合している。プロジェクトの成果は、UK MOD Front Line Commands内の開発活動をサポートしている、これには, 空、陸、海と共同が含まれる。

QinetiQ Technical Lead、Dave Dixonは、「FSOCのこの革新的利用は、初期の有人-無人チームデモンストレーションに立脚している。これは、UASの初のライブ空中制御をUKとヨーロッパに提供したものである。また、UKで利用できる才能と能力を紹介し、ヒトと機械で構成されるチームが、将来、軍がどのように運用するかの本質的な部分となるさらなる証拠を提供している」とコメントした。

Rob Scott, QinetiQ Programme Manager,は、さらに付け加えて、「それを可能にするには、われわれはミッション主導の革新的アプローチを採用しDstlとパートナーとの密接な協力が必要だった」と話している。

デモンストレーションは、ライブ-バーチャルイベント、相互運用可能なメッセージ標準を使い、QinetiQ ACCSIOMスウォーム技術を利用して、多くのバーチャルプラットフォームとライブUASを割り当てた。拡張地上と空中は、Salisbury Plain Training Area (SPTA).内の軍により提供された。
(詳細は、https://www.qinetiq.com)