All about Photonics

Science/Research 詳細

大阪大学、極低温で光ピンセットを実現

February, 21, 2022, 大阪--大阪大学大学院基礎工学研究科の蓑輪陽介助教、芦田昌明教授らの研究グループは、名古屋大学大学院工学研究科の亀山達矢准教授、鳥本司教授らと共同で、極低温下(1.4 K = マイナス271.75℃)での光ピンセットによる微粒子の捕捉を世界で初めて実現した。
 光ピンセットとは、レーザ光を用いて微粒子を捕捉・固定する技術。これまで微粒子の光ピンセット技術は、常温付近でしか行われておらず、異なる温度領域への適用が課題となっていた。

今回、蓑輪陽介助教らの研究グループは、複数の実験手法を統合することにより、世界で初めて、光ピンセット技術が極低温環境に適用可能であることを証明した。これにより、医学・生物・化学・物理で幅広く利用されてきた光ピンセット技術の低温環境への新たな展開が期待される。

研究成果は、米国科学誌「Optica」に、1月21日(金)午前0時(日本時間)に公開された。
(詳細は、https://resou.osaka-u.ac.jp)