All about Photonics

Science/Research 詳細

KIST、医療ホログラムシステムを開発

February, 3, 2022, Seoul--韓国科学技術研究院(KIST)は、Center for BiomaterialsのDr. Hyung-Seop Hanチームが開発した「医療ホログラム技術」をEan Solutionに技術移転すると発表した。

Center for Artificial IntelligenceのDr. Min Koo Kangとの共同開発で、Dr. Hanのチームは、患者のDICOM(Digital Imaging and Communications in Medicine)ファイルが、学習したアルゴリズムを使って自動的に最適化されて、3Dモデルを形成し、スーパーマルチビューディスプレイに供給される技術を開発した。
 DICOMは、患者のX線、CTs、MRIsに使用される標準医療画像ファイルフォーマット。

 開発された技術は、特に手術中に利用されると考えられている。ホログラムは、補助コントローラなしで、手や頭の動きを使って外科医が制御できるからである。研究チームは、今後、Seoul Asan Hospitalとの経験的研究を通して、開発技術の効果と適合性を最適化する計画である。

この技術移転と共同R&D契約を通して開発される技術は、先制的で競争力があり、以前にはムービーでしか見られなかったホログラム技術が、今では全ての医療分野に適用できると言う点でも重要である。

KISTのDr. Hanは、「この次世代医療支援ホログラムシステムを利用することで、手術中に医者が出会う3D病変を極めて効率的に理解できるようになる。腫瘍、脳出血、肝臓移植などである。また、手術する医師は、空間認識、形状知覚が向上し、手術の成功率が高まり、合併症を阻止できる」とコメントしている。

今後の共同R&Dを通してKISTとEan Solutionは、近い将来、病院での利用目的で製品をリリースする予定である。これは、美容、整形外科、産科学、婦人科、歯科、他の手順のホログラフィック手術シミュレーションができる。