All about Photonics

Science/Research 詳細

都市のスカイラインをナビゲートするドローンをサポート

December, 16, 2021, Sussex--サセックス大学は、欧州宇宙機関(ESA)と契約した新しいコンソーシアムに含まれ、従来のナビゲーションシステムだけでは十分な性能を提供できない5Gを使うエリアの空域ユーザのナビゲーション機能強化のために概念実証開発に取り組む。

 将来の航空機、UAVや革新的な空輸ソリューションなどは、都市や市街地内の見通し線を越えた(BVLOS)安全操作が必要である。つまり、全地球的航行衛星システム(GNSS)の信号が寸断されることがある領域である。

CGIとそのパートナーが開発したコンセプトは、従来のナビゲーションシステムと共に、5Gネットワークを活用して、ハイブリッド位置測定ソリューションを提供する。

サービスは、位置測定・航法・時刻配信(TNT)サービスの自然的あるいは国際的断絶に対して提供する障害耐性を強化するものである。

 Maziar Nekovee教授をリーダーとするサセックス大学は、最先端の5G技術における深い専門技術をパートナーに提供する。これにより、GNSSを補完する、より正確な屋外測位が可能になる。これは、プロジェクトの一環として開発されている。

CGIは、ESA、u-blox、サセックス大学のACMI研究センタ、航空ナビゲーションサービスプロバイダNATSと協働して、既存のGNSSレシーバの5Gベース補完のための利用ケースとシステム要件を規定する。

ハイブリッドナビゲーションソリューションは、商用5Gネットワークがカバーする範囲で動作する航空機への導入を目標にしている。プロジェクトは、GNSSのみによるパフォーマンスと比較して、その技術の実世界実証で完結することになる、

GNSSの限界は、干渉、なりすまし、障害によるものである。特に都市エリアでは、ビルや他の構造物が信号の可用性に影響を与え、他の干渉源が一段と多い。したがって、航空機の運用は、安全運用の許容レベル達成には、付加的な測位システムが必要である。

(詳細は、https://www.sussex.ac.uk)