All about Photonics

Science/Research 詳細

LZHのオプティクス、FEL 170nm以下でレーザ発振

June, 7, 2021, Dresden--今までは、自由電子レーザ発振器は、最短波長176.4nmにしか達しなかった。Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)の研究チームは、米国デューク大学の物理学者が170nm以下の波長を生成するオプティクスの製造に成功した。

LZHの被覆共振器ミラーが、Triangle University Nuclear Laboratory (TUNL).のストレージ自由電子レーザ(FEL)に使用されている。レーザ発振器で一層短い波長を達成するには、高反射ミラーは、制限成分になる。したがって、新開発のミラーは、物理学研究に新たな機会を開く。

フッ化物ベース多層システム
共振器ミラーは、放射に対してロバストであり、熱的、機械的に安定している。LZHの研究チームは、複数の薄膜技術を最適化して、高密度コーティングおよび保護キャップ層を作製した。これらLaF3/MgF2被覆ミラーにより、Duke University/TUNLチームは、-168.6 から 179.7 nm でFELレーザ発振を実証した。優れた安定性、再現性であった。この広いレーザ発振範囲は、22%を上回る相対的に大きなFEL利得の結果である。デューク大学のチームは、FEL駆動High Intensity Gamma-ray Source (HIGS).で初の120 MeVガンマ線を生成することもできた。

HIGSは、研究施設であり、1 MeV から 120 MeVで高強度、偏光、ほぼ単色ガンマ線ビームを生成できる。この世界クラスのコンプトンガンマ線施設は、材料研究、核物理学、加速器物理学研究に利用されている。

(詳細は、https://www.lzh.de)