All about Photonics

Science/Research 詳細

THz分光法、非接触でグラフェンサンプルをマッピング

March, 5, 2021, Europe--Graphene Flagshipは、テラヘルツ分光技術の開発と成熟のために、学界や産業界から研究者を呼び集めた。現在、グラフェン特性評価のための新しい計測ツールの準備ができている。

グラフェンは、多数の多様な層と材料に「サンドイッチ」され、電子デバイス、光デバイスに利用されている。これが、品質評価を難しくしている。THz分光学は、物事を簡単にする。それはカプセル化された物質を撮像し、グラフェン下の品質を明らかにし、製造工程における重要なポイントでの不完全さを露わにする高速、非破壊技術である。直接接触なしで、グラフェンや層化された材料の電気特性をプローブする。

テラヘルツ分光学のような特性評価技術の開発は、大規模製造促進の基盤である。グラフェンを使用するデバイスが一貫して予想通りに、欠陥なしで製造されることを保証するからである。品質制御は、信頼に先行する。Graphene Flagshipが先駆的に実現した他の開発により製造技術は次のステップに行く準備ができている。テラヘルツ分光学により、品質の視点を失うことなく、グラフェン製造を増やすことができる。

DTUパートナー、Graphene FlagshipのPeter Bøggildは「グラフェン分光法により、メータースケールのグラフェンサンプルでも、それに触れることなく簡単にマッピングできる、これは他の先進的技術ではできない」と話している。Graphene Flagshipは現在、テラヘルツ分光法をロールツーロールグラフェン製造ラインに直接適用し、イメージングをスピードアップする方法を研究している。