All about Photonics

Science/Research 詳細

クランフィールド大学、アボカドの熟成をレーザでテスト

202005pixabayavocadospring400x400

May, 11, 2020, Cranfield--アボカドの成熟を計測する技術は、廃棄を最大10%減らし、消費者の食べごろ果物需要を満たすことができる。クランフィールド大学で開発されテストされた技術は、レーザと小さな振動を使い、個々の果物の共鳴周波数をテストし、アボカドを傷つけることなく成熟を高信頼に評価する。

クランフィールド大学は、大きな加工品の均一性検査に自動車工場でよく使われている技術を導入した。レーザドップラ流速計(LDV)が、アボカドにレーザビームを発し屈折光を計測し、小さな振動を使って共鳴周波数をテストする。振動は、その果物を叩く簡単な自動衝撃デバイスによって生まれる。LDVテストは、アボカドの食べごろ段階を正確に予測することが実証された。

同大学環境と農産物ディレクタ、Leon Terry教授は「固い果物は柔らかいものよりも高い周波数を生成するので、成熟アボカドの完全な周波数を計算することができ、LDVテストでこれを正確に計測した。果物を無傷にすることは大きな利益になる、また廃棄物を大幅に減らせる。われわれが開発したテストは、他の果物にも拡張可能である」とコメントしている。
(詳細は、https://www.cranfield.ac.uk/)