All about Photonics

Science/Research 詳細

38コア・3モードの光ファイバ伝送で、容量と周波数利用効率世界記録

20200121-05

January, 23, 2020, 東京--情報通信研究機構(NICT)ネットワークシステム研究所と住友電気工業株式会社(住友電工)、株式会社オプトクエストは、38コア・3モードファイバを用い毎秒10.66ペタビット伝送実験に成功し、周波数利用効率1158.7ビット/秒/Hzを達成した。この結果は、容量と周波数利用効率共に、これまでの記録(容量:10.16 pb/s、周波数利用効率:1099.9bit/s/Hz)を超え、世界記録になる。

実験では、38コア全てに3モードを収容し、伝送品質向上のためにモード間の光伝搬遅延を低く抑えた光ファイバを開発、各コアの特性に応じ256QAMまたは64QAM変調を用い、大容量を実現した。この実験システムを利用すると、1本の光ファイバで既存の光ファイバの100本分以上の容量を伝送することが可能となり、データセンター等における短距離大容量伝送システムの光ファイバ配線を大幅に減らすことが期待できる。
 実験結果は、第43回光ファイバ通信国際会議(OFC2020、3月8日(日)~12日(木))に採択されており、、同会議にて発表される。

(詳細は、https://www.nict.go.jp)