All about Photonics

Science/Research 詳細

レーザ vs.雑草、Farming 4.0を紹介

lzh-pm-agritechnica-bild1_2

November, 18, 2019, Hannover--殺虫剤の代わりにレーザ。Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)は、ハノーバで開催されるAGRITECHNICAで、Farming 4.0ビジョンを紹介する。
 LZHの新しいアプローチは、非接触、光と生物学的物質との光学相互作用に基づいている。カメラを使い、雑草と作物を区別する。これはレーザ照射を使うための基礎である。正確に雑草に損傷を与え、作物が決定的な成長優位性を獲得するのを助ける。
 殺虫剤の使用は、そのようなプロセスにより、大幅に削減できる。レーザ照射は、純粋に物理的に働くので、いかる反対も形成されず、土壌は保存され、利益は保護される。加えて、レーザベースアプローチは、デジタルファーミングに簡単に組み込み可能である。

人参、テンサイ、タマネギから除草
 最初のアプローチ領域は、人参、テンサイ、タマネギなど、有機農業における高付加価値作物である・
 そのようなレーザベースシステムの運用は様々なプラットフォームで可能である、自律、自走、前面マウント、リアマウントなど。