All about Photonics

Science/Research 詳細

超高速の脳マッピングに新しいイメージング技術

0542add5-e9ab-47e6-9f10-2c4c185afa53

September, 10, 2019, 合肥市--脳の構造と機能は、ライフサイエンス研究では常に重要なテーマの一つである。脳構造の3D顕微イメージングは、脳の働きを理解するための基本的な方法であるが、従来の2Dスライスイメージング技術では、脳構造の再建と分析は耐えがたい仕事になる。
 先頃、中国科学技術大学(USTC)ライフサイエンス統合イメージングセンター(CII)のBI Guoqiang教授とそのチームが開発した技術は、そのボトルネックを打破するものである。
 同期即座のスキャンと読出し(VISoR)立体イメージング、提案方法は、脳のイメージングの効率を大きく改善した。大きなサンプルサイズ、超高速、高分解能、被写体のブレの回避、拡張性など、一連の新しい特徴がある。
 同期VISoRなどの新技術は、同期スキャニングビーム照射やオブリークイメージングなどと組み合わせると、VISoRが、大きなサンプル、マウスの脳やサルの脳の画像を、シナプス解像度で効率的、正確に撮る際に役立つ。
 この技術は、脳のマッピング研究の促進だけでなく、他のライフサイエンスイメージング、高スループット病理分析や他の医療分野にも広いアプリケーション展望がある。
 研究成果は、National Science Reviewに発表された。