All about Photonics

Science/Research 詳細

SPring-8ナノビームにより極微量な抗癌剤の腫瘍内分布を可視化

August, 19, 2019, 福岡--九州大学などの共同研究グループは、SPring-8 の強力なX線を臨床医学に応用し、世界で初めて抗癌剤(Oxaliplatin)投与後のヒト大腸癌組織内における白金分布を蛍光X線マッピングにより可視化した。
 これにより、臨床医主導の下、組織内の極微量元素の集積・分布と化学療法の治療効果や臨床病理学的因子との直接的な関連性を明らかにした。
 この結果は、これまで実現されていない白金製剤の治療効果予測や治療抵抗性の機序の解明につながる可能性を示唆しており、大腸癌における化学療法の予後が改善することが期待される。
研究成果は、『International Journal of Cancer』で公開された。
(詳細は、http://www.kyushu-u.ac.jp)

共同研究グループ
九州大学大学院医学研究院の中村雅史教授、藤田逸人助教、木庭遼大学院生、大学院総合理工学研究院物質科学部門の西堀麻衣子准教授、高輝度光科学研究センター分光・イメージング推進室の新田清文研究員、徳島大学大学院医歯薬学研究部薬学域の石田竜弘教授。