All about Photonics

Science/Research 詳細

Teledyneプリンストン、地球に似た衛星探査にPIXISカメラ

muscat2-with-pixis-cameras-see-news-release-for-credit

April, 9, 2019, Trenton--Teledyne Princeton Instrumentsは、スペイン、カナリーズ、Teide 天文台の1.52m Telescopio Carlos Sánchez、第2世代Multicolor Simultaneous Camera (MuSCAT2)を開発した国際チームの成果を発表した。日本の宇宙生物学センターと東京大学は、Instituto de Astrofísica de Canariasスペインの研究者とともに、移り変わる太陽系外惑星の大気を調べるために、先進的4カラーイメージング計測器を開発した。
 自然科学天文生物学センター国立研究所によると、MuSCAT2は、多数の通過する地球外惑星を見つけ、確認することを目的にしている。これは太陽に近い星の軌道を周回する地球のような生物が住める惑星も含む。これは2018年4月に打ち上げられたNASAのトランジット系外惑星探査衛星(TESS)と協力している。
 プリンストンインスツルメンツのイメージング製品マネージャー、Michael Melleは、「MuSCAT2開発者が、観測のために、われわれのPIXES裏面入射型CCDカメラを選んだことを喜んでいる。これには、感度増強の、当社特許eXcelonセンサ技術も含まれる。これら高性能PIXISディテクタは、ごく最近のPrinceton Instrumentsカメラ、分光器、オプティクスに含まれるもので、世界中の天文台に導入されている」とコメントしている。
 MuSCAT2の初飛行開始は、2017 UT 8月24日。続いて観測実施は、2017から2018年早期まで行われた。計測器は、2018年1月に科学運用を始め、年に250以上のテレスコープナイトを行った。チームは、NASA のTESSと共同で、少なくとも2022年まで年に162以上のナイトでMuSCAT2を利用する。
(詳細は、https://www.princetoninstruments.com/)