All about Photonics

Science/Research 詳細

画期的、機能的発光面を作るハイブリッドOLED

1550577959660_04-2019-Teaser

April, 5, 2019, Dresden--今まで、OLEDは、照明器具や電球向けの新しい照明技術としてのみ利用されてきた。しかし、柔軟な有機技術は、もっと可能性がある。アクティブ発光面としては、幅広い材料と組み合わせることが可能であり、無数の既存製品の機能と設計を変えるだけでなく、変革することができる。これを例証するために、Fraunhofer Institute for Organic Electronics、Electron BeamとPlasma Technology FEPは、EMDE development of light GmbHとともに、LOPECでEU助成プロジェクトPI-SCALE内で、織物デザインに組み込んだハイブリッドフレキシブルOLEDを多くの可能なアプリケーション例の一部として紹介する。
 有機エレクトロニクス分野でR&Dサービスを提供しているフラウンホーファーFEPは、有機エレクトロニクスやコンポーネント組込技術やプロセスの開発に長年取り組んできた。EMDE development of light GmbHのチームも、世界初のOLED照明器具シリーズの開発を含め、新しいOLEDで長年の経験を有している。OLEDは、着色光や広域光を放出できるだけでなく、それ自身が極めて低プロファイルで柔軟であり、多くの種類の表面形状に集積可能である。また、透明に、調光設計さえ可能である。OLED利用の全く無限の可能性を実証するために、EMDE設計者は、フレキシブルOLEDを初めてモーターサイクルジャケットに組み込んでいる。衣類の材料として利用されたOLEDは、全く新しい美的トレンドのトリガーとなるだけでなく、有限反射率の代わりにアクティブな彩色を提供する。全角度からのこの強化された可視性は、装着者がより明確に認識されることを意味しており、ライダーの安全性が増す。
 これは、OLEDをプラスチックフィルムなどの柔軟な基板で製造し、電力供給用の導電糸を接続することで可能になる。HOLSTセンターとともに、フラウンホーファーFEPは、EU助成プロジェクトPI-SCALE、ハイブリッドOLED内のパイロットラインサービスLYTEUS上のOLEDに初めてその技術の拡張アプローチを実装した。
 フラウンホーファーFEP部門長、Claudia Keibler-Willnerは、「われわれは、OLEDの経済的な製造プロセスで大きく前進した。この成果はすばらしいものである。OLEDは、非常に均一に輝いている。R2Rプロセスの利用は、将来のコンポーネントにとって著しいコスト削減になる。プリント層と気化層の統合により、プロセススループットと製造速度は、100倍まで高速化可能である」と説明している。
 設計者にとっての明白な利点は、実際的に制約のない寸法と構成を持つ無限に長い材料が作られることである。唯一の制約は、基板材料のロール幅が30㎝であること。EMDE development of light GmbHのThomas Emdeは、「LOPEC 2019でEUプロジェクトPI-SCALEのハイブリッドOLEDを使い、初の設計デモモデルを紹介できる。最初のサンプルを検査した後、われわれは想像と実用的アプリケーションを統合したプロトタイプを決定した。ロールからの素形体で数メートルのハイブリッドOLEDを”純”材料成分として紹介する。将来の製品への移行は、輝く、集積、フレキシブルOLEDのアイキャッチャー・オートバイジャケットの例で説明される。これは、インテリアデザインや製品アプリケーション、ファッションおよび繊維デザイン、建築やサイネージ利用向けの画期的な表面材料としてOLEDの可能性を示すことになる」と話している。
 フラウンホーファーFEPとEMDEチームは、今後共同で、OLEDとさまざまな表面の製造と統合に取り組んで行く。また、産業パートナーとのさらなる開発プロジェクトにもオープンである。