All about Photonics

Science/Research 詳細

THz波周波数の活用を拓く技術、300GHz帯100Gbps無線伝送用IC

June, 13, 2018, 東京--日本電信電話(NTT)と東京工業大学(東工大)は、共同で、テラヘルツ波の周波数帯で動作する無線フロントエンド向け超高速ICを開発し、300GHz帯における世界最高データレートである毎秒100ギガビットの無線伝送に成功した。
 未利用のテラヘルツ波は、周波数帯域を広く確保できることから高速無線への適用が期待されている。今回、独自の高アイソレーション設計技術を適用したミキサ回路を、インジウム燐高電子移動度トランジスタ(InP-HEMT)で実現し、従来の300GHz帯無線フロントエンドで課題となっていた伝送帯域幅の拡大と信号対雑音比(SNR)の向上とを両立させる技術を創出した。また、これを用いた300GHz帯無線フロントエンドモジュールを実現し、100Gbps無線伝送に成功した。
 今回、1波(1キャリア)で100Gbpsのメートル級無線伝送を実現したので、将来的に、300GHz帯の広い周波数帯域を活かして複数キャリアに拡張したり、MIMOやOAM等の空間多重技術を併用することにより、400Gbpsの大容量の無線伝送を可能とする超高速IC技術として期待される。これは、現在のLTEやWi-Fiのおよそ400倍、次世代の移動体通信技術である5Gの40倍に相当する伝送容量。また、未利用のテラヘルツ波周波数帯の通信分野及び非通信分野への活用を切り拓く技術として期待される。
 開発技術の詳細は、国際会議IMS2018(2018 IEEE MTT-S International Microwave Symposium)で発表予定。
(詳細は、www.ntt.co.jp)