All about Photonics

Science/Research 詳細

世界初の超高速「モード選択」光源を実現

March, 13, 2018, 福岡--九州大学大学院総合理工学研究院の浜本貴一教授の研究グループは、戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)の「レーザダイオード及び、光学部材の高精度実装技術開発」の一環として、超高速「モード選択」光源を世界で初めて実現した。
 スーパーコンピュータ内の配線速度は近い将来、毎秒1テラビット超級となることが予想されており、半導体レーザ光を用いた光配線技術が注目を浴びている。今回、研究チームが実現したモード選択光源は、テラビット級の高速動作を1素子で実現できる新しい半導体レーザ(従来性能比10倍以上に相当)で、IT機器内の信号伝送速度(配線速度)の飛躍的向上実現が可能となり、スーパーコンピュータ内配線への適用にとどまらず、将来のパソコンやスマートフォンなどの小型IT機器内への波及・適用が期待される。
 研究成果は、光ファイバ通信国際会議(OFC 2018)にて発表された。

(詳細は、www.kyushu-u.ac.jp)