All about Photonics

Science/Research 詳細

明るい光を使う治療がガン治療患者の睡眠を改善

JCSM-Figure-4-800x412

February, 7, 2018, NY--マウントサイナイ医科大学の研究によると、ランダムコントロール試験の結果は、規則的な明るい光の露光が、ガン治療を受けて疲れ切った人々の睡眠を改善することを示唆している。
 その予備的研究結果は、平均睡眠効率、人が眠っているときにベッドに入っている比率が、明るい光を使う治療グループでは臨床的に正常なレベルに改善したことを示している。「予備実験では、ガン治療生存者の混合グループに規則的な露光介入が、微光露光と比べて、睡眠効率改善で著しく効果的であった」とマウントサイナイ医科大学公衆衛生助教、論文の筆頭著者、Lisa M. Wu PhDは説明している。研究成果は、Journal of Clinical Sleep Medicineに発表されている。
 同大学腫瘍学教授、William H. Redd PhDをリーダーとする研究チームは、ガン治療を完了し、スクリーニングで臨床的な疲労基準にある44名を調べた。参加者は無作為に、明るい白色光介入、また比較微光条件のいずれかに分けられた。被検者は光の箱を渡され、毎朝30分、4週間、それを使用するように指導された。睡眠は、リストアクティグラフィと、ピッツバーグ睡眠質問票で評価された。
(詳細は、www.mountsinai.org)