All about Photonics

Science/Research 詳細

空中熱画像が考古学に革命を起こす

casana_et_al_fig10_enfield

October, 13, 2017, Hanover--Dartmouthをリーダーとする研究は、最新の空中熱画像が、技術の進歩により、考古学を変革することを実証した。今日のサーマルカメラ、商用ドローン、写真測量法ソフトウエアが、現場データ収集に新たな可能性の世界を開いた。Advances in Archaeological Practiceに発表された研究成果は空中サーモグラフィの利用の仕方マニュアルとして役立つ。
 考古学者は、以前から熱赤外画像を使って埋設建築物や他の文化的景観要素を発見してきた。そのような考古学的特徴を持つ熱赤外照射はいくつかの変数に依存している。土壌の組成、その湿度および被食。過去の紋切型地理学的方法、フィールドウォーキングなどでは、考古学者は1日に1ヘクタールのフィールドデータを収集した。しかし今では、空中サーモグラフィにより、はるかに少ない時間で、著しく広いエリアのフィールド調査データを収集することができる。
 新しい空中サーモグラフィには、他の利点もある。旧いカメラは画像の全ピクセルで完全スペクトルデータ、温度データを記録することができなかった。今日の放射熱カメラは小さく安価な飛ばしやすいドローンと結びつけて、空中サーモグラフィをより正確に、包括的に便利にすることができる。ドローンは、スマートフォンやタブレットで操作可能である。多数の空中画像マッピングは新しい写真測量ソフトウエアでより簡単になる。つまり、自動的に画像を整列し、標準画像機能が特徴なり、スケールが均一になるように画像を補正する。
 研究チームは、北米、地中海および中東で6カ所の考古学的サイトのケーススタディを行った。気候、環境、自国、被食植物と考古学的特性が結果にどのように影響するかを分析し、その成果を以前の研究や、歴史的画像と比較した。
(詳細は、www.dartmouth.edu)