All about Photonics

Science/Research 詳細

トゥエンテ大学、ガンと闘う世界最小3Dプリントロボット

9e604d0102e6ca1100039e3f02013d0b00e01814020701c4c003e20180

August, 8, 2017, Enschede--開発されたロボット、Stormram 4は、3Dプリントされたプラスチックでできており、空気圧で駆動する。プラスチックの利点は、ロボットがMRIスキャナで使えることである。MRIで乳がんをスキャンしている間に生検を行うことは精度を著しく向上させる。このロボットは、ロンドンで開催された国際Hamlyn SymposiumのSurgical Robotic Challengeで権威ある賞を獲得した。
 Stormram 4は、乳がんの診断フェーズ全体にとって刺激になる。正確なニードル制御、効果的なリアルタイムMRIスキャニング、単一の細いニードル生検により迅速かつより正確な診断が可能になる。医療ロボットは将来、確実に病院の標準手順になる。
 Stormram 4は、直線および湾曲空気圧モーターで駆動される。ロボットは、5m長のエアパイプにより、MRIの外部からコントロールされる。今回の設計は先行バージョンよりも小さいので、MRIの狭いトンネル内部に入れることができる。
 乳がんは、女性では最も一般的なガンである。針を患者の胸に挿入し、病的組織にナビゲートすることによって、組織サンプルを採ることができる。それに続く臨床分析によって優れた診断が可能になる。
 生検ニードルの正確なナビゲーションは、乳がんや他のガンと闘う上で取り分け重要である。特殊ニードルの利用により、針の先端が高温(熱剥離)または低温(冷凍アブレーション)が可能であり、針先端に近い腫瘍細胞を破壊することができる。これにより、侵襲的外科処置なしでガンの治療が可能になる。
 MRIスキャナは、病的組織の局所を極めて正確に発見し可視化する対処法である。残念ながら、針を手動制御する限りではこの精度をフル活用することはできない。ロボットが解決策を提供する。すべてのロボットがMRIスキャナとともに使用できるわけではない。ロボットは金属製のものが多く、これはMRIスキャナの強力な磁場の中では使えない材料である。この理由から、UTは、Ziekenhuis Groep Twente (ZGT)と協力して、完全プラスチックのロボットを作製した。