All about Photonics

Science/Research 詳細

欧州XFELとOnefive、オールファイバフロントエンドシステム開発

March, 3, 2017, Regensdorf--オンファイブ(Onfive GmbH)とヨーロピアンXFELレーザグループ(最近稼働を始めたハンブルクのX線自由電子レーザ)は、新しい研究施設の実験用独自のレーザシステムの一環としてオールファイバフロントエンドを共同開発し、稼働に成功した。
 オンファイブは、低雑音超高速レーザ物理学、先進的パッケージング、産業グレードの製造および系統的試験の専門技術を持ち込み、オールファイバシステムを構築した。このレーザシステムは、1µmの連続パルスピッキングおよび増幅、超低雑音フェムト秒レーザを種光としている。同システムは、シード光と非同一線上の光パラメトリック増幅器のポンプラインにマルチビームラインを同時供給するためにデュアル出力ポートを持っている。バーストタイムはフレキシブルであり、バーストとバースト間は可変繰り返しレートであるが、他のパラメータは一定である。また、完全遠隔制御が可能であり、ヨーロッパXFELソフトウエア環境に組み込まれている。さらに、受動空冷で、低振動と優れたビーム照準安定性が実現されている。