All about Photonics

Science/Research 詳細

血液をレーザに転用して薬剤テスト、ガン治療に利用

September, 9, 2016, Ann Arbor--ミシガン大学の研究チームは、レーザ光とFDA承認蛍光染料とを結合して分子レベルで細胞の構造と活動をモニタする新しい技術の実証に成功した。これは、臨床イメージングの改善、腫瘍や他の細胞構造のモニタリング改善につながる。また、薬剤テスト中に新しい候補薬剤を適用された際の細胞の変化をモニタするためにも利用できる。
 生体医用工学教授、Xudong(Sherman) Fanをリーダーとするチームは、FDA承認蛍光染料、インドシアニングリーンを注入したヒト全血を含む小さなレーザキャビティにレーザ光を照射した。反射戻り光を分析することで研究チームは、細胞構造と血液中の変化を分子レベルで観察した。
 新しい技術の現行方法に対する主な利点は、レーザ光を処理できることである。レーザ光を増幅して小さな変化を容易に観察できるようにし、フィルタで不要な背景ノイズを除去することができる。現在の方法は、赤外あるいは可視光とともに同様の染料を使用し、細胞活動の観察に可視蛍光に頼っており、小さな変化の観察が難しい。
 現在、研究チームは、体外の全血でその技術を実証しただけである。しかし、将来的には、その技術を体内の組織に適用できると研究チームは、考えている。これによって、体内の細胞の活動や組織のモニタリングが改善され、医師は誘導手術中に腫瘍の端を正確に特定できるようになる。