All about Photonics

Products/Applications 詳細

OIF、56Gインタフェースとプラガブルコヒレントオプティクス

March, 2, 2015, Fremont--OIFメンバーは、2015年3月24-26、OFC 2015でライブ技術デモンストレーションを予定している。
 「OIFテクノロジー・ショーケース2015、56G電気インタフェースとプラガブルコヒレントオプティクス」は、OIFの画期的な成果に脚光を当てることになる。OIFの第4世代CEI-56Gによりユーザは、CEIデータレートで新たな頂点に立つことになる。この技術展示イベントでは、OIFのCFP2-ACO技術のデモも行われる。CFP2-ACOは、CFP2形状のコヒレントオプティクストランシーバモジュール。これによって、正面プレート密度を最大化し、メトロ/リージョナルDWDMおよびデータセンタアプリケーションの導入コストを最小化する最適な中期ソリューションとなる。
 「われわれの56G相互運用可能な電気チャネルアグリーメントについての作業は多数の変調ソリューションに対応する。テスト装置からオプティクス、エレクトロニクス、コネクタ、装置OEMsまでの開発者を招き、OIFは今後のデータコムアーキテクチャで必要となるエコシステムを開発している」とOIF技術委員会チェア、TEコネクティビティ(TE Conectivity)技術者、Nathan Tracy氏はコメントしている。

デモ内容と参加者
OIFテクノロジー・ショーケース2015のライブおよび静展示56G電気インタフェースとプラガブルコヒレントオプティクス
・ライブCEI-56G-VSR-NRZチャネル: クレドセミコンダクタ(Credo Semiconductor)、マルチレーン(Multilane)、テクトロニクス(Tektronix、山一電機。
・ライブCEI-56G-VSR-PAM QSFP準拠ボード:アンリツ、モレックス、マルチレーン、TEコネクティビティ、テクトロニクス、山一電機。
・CEI-56G-VSR-PAMオプティカルスタティックディスプレイ(コンセプト):モレックス、マルチレーン、TEコネクティビティ。
・ライブCEI-56G-MR/LR-PAMバックプレーン:キーサイトテクノロジーズ(Keysight Technologies)、モレックス。
・ライブCEI-56G-MR/LR-NRZバックプレーン:クレドセミコンダクタ、キーサイトテクノロジーズ、TEコネクティビティ。
・ライブCEI-56G-MR-NRZパッシブコパーケーブル:クレドセミコンダクタ、キーサイトテクノロジーズ、モレックス、TEコネクティビティ、山一電機。
・CFP2-アナログコヒレントオプティクス-プラガブルコヒレントオプティクス:キーサイトテクノロジーズ、マルチレーン。
 56G電気インタフェースとプラガブルコヒレントオプティクス向けのエコシステム開発を狙った装置の静展示は、モジュール、テスト装置、コネクタ、準拠ボード、DSPs、ドライバ、TIAsおよびコンポーネントを含む。これらはクラリファイコミュニケーションズ(Clariphy Communications)、フィニサ、Inphi、Kandou Bus、MACOM、モレックス、MoSys、マルチレーン、NEC、オクラロ、QorvoとTEコネクティビティによるものとなる。
(詳細は、www.oiforum.com)