All about Photonics

Products/Applications 詳細

フォトニックバンドダイアグラム顕微鏡を実用化

TTA_sum01_ja

May, 31, 2021, 東京--東京工業大学 科学技術創成研究院の雨宮 智宏 助教らは、株式会社東京インスツルメンツ、物質・材料研究機構と共同で、フォトニックバンドダイアグラム顕微鏡を開発した。この装置により、さまざまなフォトニック構造のバンドダイアグラムを高速に自動計測することが可能となった。

開発した装置は赤外ハイパースペクトルイメージングにより、波長ごとのフーリエ画像を得た後、それらの画像をもとにフォトニックバンドダイアグラムを再構成する。この装置により、フォトニック結晶、トポロジカルフォトニック結晶、メタマテリアルを始めとしたさまざまな構造において、バンドダイアグラム全域を高速に測定することが可能となる。

これにより、各種フォトニック構造における物性評価が容易となり、光デバイスの研究開発など関連分野の一層の推進が期待される。

開発された装置は東京工業大学と東京インスツルメンツの特許(特願2019-217786)をもとに共同開発されたものであり、6月上旬より「FA-CEED」の製品名にて東京インスツルメンツから販売される。
(詳細は、https://www.tokyoinst.co.jp)