All about Photonics

Products/Applications 詳細

Novian Health、乳ガンレーザ治療CE Mark

July, 24, 2019, Chicago--Novian Health Incは、同社のNovilase Breast TherapyのCE Mark認定取得を発表した。Novilase Breast Therapyは、レーザ誘発熱で2㎝までのサイズの乳ガンを限局破壊する侵襲性の少ない処置。CE Mark認定により、Novian Healthは、同社の技術をEUおよびスイスで販売できるようになり、早期乳ガンや良性の乳房腫瘍(繊維腺腫)で、手術の代替として利用できる。

 同社CEO/社長、Henry Appelbaumによると、Novilaseは悪性の乳房腫瘍の処置に認定された初の熱アブレーション機器である。「レーザ治療は、女性にとって手術のトラウマやリスク回避に役立つ」と同氏は話している。

 侵襲性の少ない処置、Novilase Breast Therapyは、局所麻酔を必要とするだけである。2本の小さなプローブを乳房に挿入し、超音波イメージングで腫瘍に導かれる。片方のプローブは熱を使って腫瘍を破壊し、他方は温度により処置をモニタする。処置にかかる時間は30分以下であり、その成功は追跡イメージングによって確認される。

 米国とUKで実施された最近の研究は、90%以上の悪性乳ガンがNovilase処置中に完全に破壊されたことを示している。加えて、トライアル中の患者は、乳腺腫瘍摘出術と比べて、良好な健康的予後を報告している。深刻な有害事象も報告されていなかった。

 Novilase研究の主席研究者、外科医Barbara Schwartzbergは、「Novilaseは、早期乳ガン処置法におけるパラダイムシフトである。従来の乳腺腫瘍摘出術を効果的に置き換える。乳ガン処置に対するレーザ技術の利用は、侵襲性が少なく,苦痛も少なく、美的結果も良好であり、加えて大幅に費用低減となる。手術に比べると、Novilaseは全面的に優れた技術である」と語っている。

 乳房の腫瘍は、ガン性も非ガン性のいずれも今日女性が直面している深刻な健康上の問題の一つである。乳がんは世界的に最も一般的なガンであり、EUでは年間発生率404920。新規診断乳ガンの2/3以上が、腫瘍が2㎝以下で発見される。
 繊維腺腫は、固形乳房腫瘍(一般に良性)の最も一般的なタイプで、女性全体の推定10%に影響が出ている。

(詳細は、https://novianhealth.com/)