All about Photonics

Products/Applications 詳細

Everlight、Electronica 2018でスマート自動車とIR製品をデモ

November, 21, 2018, Shulin--EVERLIGHT ELECTRONICS CO., LTD.は、最新の自動車、赤外と照明製品、およびADB(adaptive driving beam)マトリクスヘッドランプ、Mini/Smart Multi Array Rear Lamp、赤外心拍スマートウオッチをミュンヒェンのElectronica 2018で紹介した。
 同社のADBマトリクスインテリジェントLEDヘッドライトは,CCDセンサが接近する自動車を検出し、ハイビームの干渉を避ける領域では自動的に光源のスイッチを切る。EVL-EL ALFS 1×1 (EU)シリーズ (サイズ: 2.0×1.6mm)の24 LEDを使い、700mA動作電流シングルLEDに245 lmを供給可能である。スマートコントロール、魚眼レンズ、コントロールモジュール、ガイドプリズムを特殊配列した組合せとCCDにより、ヘッドランプの識別と照明の精度は一段と高くできる。製品は、ECE R112 クラス B Driving Beamに適合しており、関係する全OEMと共同で設計、開発した。
 新しいMini Rear Lampは、エバーライトのファインピッチディスプレイコンポーネントで製造されており、27.63ピクセル/インチを満たしている。Adaptive Rear Lamp Systemを実装し、表示された図やテクストを柔軟に調整して、鮮明な画像品質を提供し、リアランプの全ての要件に適合している。Smart Multi Array Rear Lampは、 EVERLIGHTのSmart Multi Series (3.5×3.5×0.8mm)、組込駆動および制御ICsを使用し、情報供給と多様な図形ディスプレイは極めて便利になっている。その技術は、リアランプ、ブレーキランプ、ターニングランプの設計に使用できる。新しいMini Rear Lampは、性能品質をともなう視覚効果により、リアランプに優先的ソリューションを提供する。
 赤外製品では、エバーライトは、多くの送信/受信コンポーネント(IR、PD/PT)を様々なサイズ、放射強度、視野角でデモンストレーションを行い、e-ブック、スマートボード、オキシメータや家庭用掃除機に幅広く適用できる。例えばオキシメータに適した、IRRG25-16Cは、3波長、赤(660nm)、緑(525nm)、赤外(940nm) SMD送信コンポーネント。EVERLIGHT’s PD51-40 シリーズ (サイズ: 5.1×4.0x0.85mm)とともに、トップのフラットレンズで反射される異なる波長からの光スペクトルで、血液酸素飽和度を追加試験し、非常に正確な心拍診断ができる。同時に、IRRG25-16C とPD51-40シリーズは、スポーツウオッチなどのウエアラブルアプリケーションで非常に便利に、心拍レートを読み出せる。
(詳細は、http://www.everlight.com/)