All about Photonics

Products/Applications 詳細

Gen6 ファイバチャネルは最高速度128G

February, 12, 2014, San Francisco--ファイバチャネルインダストリアソシエーション(FCIA)は、Gen6ファイバチャネル(FC)を発表した。
Gen6 FCは、最高128GFCのSANsを可能にする業界最速業界標準ネットワーキングプロトコルであり、これに加えてネットワークの信頼性、エネルギー効率、運用簡素化を一段と改善する様々な特徴を含んでいる。
Gen6ファイバチャネルは、ハイパースケール仮想化、SSDストレージ技術、新しいデータセンタアーキテクチャの要件となるパフォーマンス、信頼性、拡張性に対処できるように設計されている。
Gen6は16GFCデータスループットを2倍の3200MBps、32GFCにする。これにより、フルデュプレクスで6400MBpsが可能になる。Gen6はまた、32GFCを4倍にして128GFCスループットとするオプションも提供し、これによりフルデュプレクス速度は25600MBpsとなる。
高速化の他にGen6ファイバチャネルの特徴としては以下の点がある。

・フォワードエラーコレクション(FEC):高速ネットワークで起こるビットエラーの自動検出とリカバリを通してリンクの信頼性が向上する。FECは、アプリケーションのパフォーマンス劣化、機能停止につながるデータストリームエラー最小化、回避に役立つ。
・エネルギー効率:省エネ化は、FC光コネクタが1秒ごとに何度もスタンバイモード動作することで達成される。
・下位互換性:128GFCと32GFCファイバチャネルは、16GFC、8GFCネットワークに対して完全下位互換性をサポートしている。投資保護を確実にすることでGen6は、人手を介することなく2つのネットワークポイントカンでサポートされている最高速度に自動的に設定される。