All about Photonics

Business/Market 詳細

園芸用照明とスタジアム照明市場、一般照明より高成長

August, 8, 2018, Taipei--LEDinsideによると、LED植物照明市場規模は2018年に約2億2400万ドルに達し、植物照明用LEDsの市場規模は約5850万ドルである。LEDinsideの推定では、LED植物照明とLEDsの市場規模は、2018-2025年にそれぞれCAGR 30%と27%で成長し、2022年には6億3300万ドル、1億5100万ドルに急成長する。
 2017年、ヨーロッパは世界のLED植物照明市場の35%を占めている。これは、ヨーロッパでメーカーが次々と植物工場を設立し、加えてオランダ、UKおよび他のヨーロッパ地域の政府が積極的に植物工場設立を奨励し、地場市場需要を刺激するために関連の補助金政策を発表しているからである。これによりヨーロッパ市場は市場シェアを伸ばし、2018年には37%に達すると予測されている。これは、地域市場では最大比率となる。
 ヨーロッパ植物工場の主要作物は、トマト、葉物野菜(ビート)、ハーブである。
 オランダの豊富でおいしい品種は非常に人気があり、オランダのトマト需要は飛躍的に上昇した。また、オランダの主要トマト生産者は、Duijvestijn, Rijk Zwaan and Incotecであり、中でもDuijvestijnはNo.1にランクされ、年に15ヘクタールの生産面積で1000万kgの生産量に達している。トマトの生育は、農業科学と技術の協力を必要とする。
 トマトは、特別な光周期を必要としないが、高照度を必要としている。適切な照度は、40000~70000 Luxであり、80000 Lux以上、10000 Lux以下は生育によくない。トマトは高温を好む野菜。一般に、15-35℃の温度範囲がトマトの生育に適している。最適温度は、20-30℃。トマトを移植したり植えたりするとき、一貫したサイズの播種が必要になる。植物間の陰を減らすことでトマトの日当たりを増やすことができる。
 トマトの照度時間数要件は厳しくないが、1日に16時間がベストである。

世界のLEDスタジアム照明市場は、2022年に15億6300万ドル
 世界中の全ての国や地域でスポーツ産業に対する注目度が高まっており、LED照明のコスト・パフォーマンスが急速に改善し、LEDスポーツ照明は急発展する見込である。推定では、世界のLEDスタジア照明市場規模は、2017年に6億7300万ドル、2022年には15億6300万ドルに達する。これは、一般LED照明よりも高い成長率である。