All about Photonics

Business/Market 詳細

LiDARレーザ市場規模、2020年に1億5400万ドル

July, 6, 2018, Taipei--LEDinsideの「2018赤外センシングアプリケーション市場レポート」によると、LiDARレーザ市場規模は、2020年に1億5400万ドルに達する。市場成長の主要原動力は、自動車LiDAR(乗用車/トラック)、インテリジェントトランスポートシステム、ドローン、計測、ロボット掃除機など。

自動車市場LiDAR開発
 ADASは、車輌、運転環境の現在の状況、危険あるいは事故可能性の先行警告を運転者に提供する。目的は、事故が起きる前に運転者が早期対策をとれるようにすることである。自動車センサには、ミリ波レーダ、超音波レーダ、LiDARとCCD/CMOSイメージセンサが含まれる。レーダは、中・高級車のADASシステムで広く用いられており、標準レベルにも積極的に浸透している。しかし、LiDARは、製品サイズとコストの制約があるので、利用は広がっていない。現在、試験利用の自律運転車両で一般に用いられている。市場要求増と技術向上により、LiDARはレベル4とレベル5で市場に入る見込である。また、LiDARは長距離検出と深さ分解能で優位性がある。
 しかし、LEDinsideは、自動車市場におけるLiDAR開発には4つの主要な技術課題があると指摘している。今後、センシング範囲、角度センシング分解能、視野角、コンピュータ技術などで一定の進歩が必要である。他には、製品サイズとコストの低減が求められている。加えて、雪、雨、ホコリ、ダートや衝突など過酷環境中の課題がある。技術とブランド・プロモーションの改善により、LiDARはドローン、ロボット掃除機、計測市場に導入されるようになっている。
 現在、2つの主要なLIDAR技術がある、スキャニングLiDARとフラッシュLiDARである。スキャニングLiDARの繰り返しパルスレーザとスキャナは3D LiDAR実現に用いられている。一方、フラッシュLiDARは、高出力単一周波数パルスレーザと時間分解2D光受信アレイを採用している。フラッシュLiDARは、高速反復運動を実現するが、光源の各パルス出力は、スキャニングLiDAR出力よりも高くなければならない。
 LiDARシステムは、主に905nm付近のパルスレーザ光源を採用している。1550nm LiDAR製品は人の眼には安全である。現状、主流は端面発光レーザであるが、VCSELが高速、最適パタン設計で優位性がある。将来、高出力になると、その開発の潜在性は高い。これまでのところ、TriLuminaがVCSELアレイ光源をLiDAR用に発表しており、LiDARシステム向けローコストとハイパフォーマンストレンドをリードしている。現在、LiDAR レーザプレイヤには、OSRAM Opto Semiconductors, TriLumina, Philips Photonics, and Excelitasが含まれる。
(詳細は、https://www.ledinside.com/)