All about Photonics

Business/Market 詳細

スマートライティング市場、2020年に134億ドル

April, 13, 2018, Taipei--スマートライティングは何年も前から展開されているが、製品とアプリケーションは実際には広く利用されているわけではない。2017年、スマートライティングが段階的に拡大し始めた。これは、製品の多様化、技術の継続的進歩、産業チェーンエコシステムの成熟、メーカーの活発なプロモーションによるものである。LEDinsideの最新調査レポートによると、スマートライティング世界市場は、2017年に46億ドルに近づき、年間成長率は95%。市場規模は、2020年には134億ドルに達すると予測されている。
 産業および商用アプリケーし4がスマートライティング世界上の60%を占めた。一方、住宅アプリケーションは最速成長が予測されている。
 現在、スマートライティング世界市場の拡大は、まだ公共の場のインフラストラクチャ建設が主導している。中でも最大の市場は、「スマートシティ」である。世界中の政府や主要都市の支援により、スマートシティの建設は、今後さらに加速すると見られている。したがって公共の場でのスマートライティングの展開にも重点がおかれることになる。
 政府主導によりスマートライティングは、社会でますます受け入れられるようになった。スマートライティングは省エネ、便利、それに制御が容易である。IoTの登場で、企業もネットワーク化された照明の導入が容易になっている。したがって、スマートライティングアプリケーションは、産業および商用照明領域では成長がはやい。LEDinsideのデータによると、産業および商用照明は、2017年、世界のスマートライティング市場で60%を占めた。さらに、デジタル化が、これら2つの領域に新たな事業モデルと価値の強化もたらす。
 対照的に、実際にスマートライティングを採用している世帯数は、まだ限られているが、生活水準の向上、関連する政策の発表(スマートシティ)、メーカーのプロモーションにより、家庭でのスマートライティングアプリケーションは徐々に拡大していく。LEDinsideによると、住宅用照明は、2017年、スマートライティング世界市場で23%を占めたが、2020年には31%に上昇する見込みである。LEDinsideは、スマートホームとスマートライティングは相互に刺激し合うと見ている。したがってスマートライティングは、今後数年で、住宅分野において最速成長が見込める。
(詳細は、www.ledinside.com)