All about Photonics

Business/Market 詳細

シリコンフォトニクス市場、2018-2023にCAGR 20.8%成長

April, 11, 2018, Maharashtra--マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)によると、シリコンフォトニクス市場は、2018年に7億7410万ドル、2018-2023年にCAGR 20.8%で成長し、2023年には19億8820万ドルに達する見込みである。
 データセンタでのシリコンフォトニクス需要の増加、高帯域と高速要求の伸びが、シリコンフォトニクス市場の成長に寄与する主要素。熱効果のリスクは、シリコンフォトニクス市場成長に影響する大きな制約として残っている。
 
予測期間でトランシーバ向けシリコンフォトニクス市場が最高CAGRで成長
 トランシーバ向けシリコンフォトニクス市場は、2018-2023年に最高CAGRで成長する見込みである。トランシーバは、様々なアプリケーションで使用される。例えば、データセンタでは高速データ伝送に強い要求があるためにハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)で使用される。多くのTier1プレイヤが、この市場に参入してきている。インテルは、過去10年、シリコンフォトニクス研究を始めて、最初の10Gbps製品をLuxteraと提携して発表した。さらに、2017年5月、インテルは、100G CWDM4、高帯域能力があり100Gbpsまでの速度をサポートできるQSFP28光トランシーバを発売した。

データセンタとHPCが2017年シリコンフォトニクス市場で最大シェア
 データセンタとHPCが2017年シリコンフォトニクス市場で最大シェアだった。データセンタでは、クラウドコンピューティングや新しいウエブアプリケーションが出てきているため、データトラフィックが飛躍的に伸びている。このネットワーク負荷を管理するために、大規模データセンタは、高帯域スイッチと相互接続する数千のサーバを必要としている。

APACシリコンフォトニクス市場が予測期間に最高CAGRで成長
 中国、日本、韓国がAPAC市場の中心的な担い手。高速データ通信要求の増加、ビッグデータ解析への国内外の企業の注目度向上、地域ののクラウドベースサービスの増加が、シリコンフォトニクス市場の成長を刺激している。シリコンフォトニクス製品開発への投資増、シリコンフォトニクス市場の国内プレイヤ、地域のR&D活動強化が市場の成長に貢献している。
(詳細は、https://www.researchandmarkets.com/)