All about Photonics

Business/Market 詳細

航空探査市場、2023年までに58億ドル

January, 12, 2018, Amsterdam--ASD Reportsが発表した「航空探査市場、タイプ(LiDAR、レーダ、イメージングシステム)、製品タイプ(有人,無人)、アプリケーションおよび地域毎の2023年までの世界予測」によると、市場は、2017年に44億2000万ドル、予測期間にCAGR 4.7%成長して、2023年には58億1000万ドルに達する見込である。
 低コストドローンの有用性と法改正が航空探査アプリケーション成長の主要な原動力。商用アプリケーションでのUAVs(無人航空機)需要の成長、急速な技術革新、ドローンの様々なアプリケーションでIoTの採用が航空探査市場の主要な成長因の一部となっている。
 「LiDARは、予測期間において航空探査市場で最高CAGRで成長する見込みである」
 主な成長原動力に含まれるのは、様々なアプリケーションでのLiDARシステムの利用増。例えば、測量、地図作成、エンジニアリング、広範なマッピング、都市計画、コリダーマッピング、水深測量、農業および林業、インフラストラクチャ(パイプライン、公共設備、通信塔、道路、橋梁など)の調査やモニタリング。また、LiDARは、石油&ガスおよび鉱業の探査や生産活動にも利用される。LiDARの技術的進歩が、多様なアプリケーションでLiDARの範囲を広げた。LiDARデータは、他の測量法に比べて、高精度で素早く収集可能である。

予測期間における航空探査市場では商用アプリケーションが最高CAGRで成長する。
 測量や地図作成などの商用アプリケーションが航空探査市場で商機を生むとみられている。多様なアプリケーションでドローン利用の法的緩和が、ドローン普及拡大につながった。また、融資,財政支援、低コストドローンが航空探査市場を後押ししている。

予測期間を通じて北米が最大シェアを獲得する見込み。
 北米は、2016年航空探査市場の主要地域だった。特に北米は、ヨーロッパやAPACと比べると膨大な防衛予算がある。北米の航空探査市場では米国が大きな貢献をすると見られている。
(詳細は、www.asdreports.com)