All about Photonics

Business/Market 詳細

Baidu、Apollo自動運転プラットフォームにON Semiconductor を選択

January, 9, 2018, Las Vegas--ONセミコンダクター(ON Semiconductor)は、BaiduのApollo Autonomous Driving Platformに参加した。
 この提携により、エコシステムパートナーは、両社が共同開発したプラグ&プレイ適合イメージングソリューションを利用できる。Apolloは、オープンソース、高信頼のソフトウエアとハードウエアシステムを提供し、自動運転システムの設計者は自動運転システムの効率的な開発ができるようになる。イメージセンシングは、強化版自動運転機能をサポートするApolloプラットフォームの重要コンポーネントである。
 ON Semiconductorの完全品質認定3µmベースの最先端CMOSイメージセンサ製品を基盤にして顧客は、すぐに自動運転向けのビジョンシステムの開発を始め、将来の大量導入センサに柔軟に移行することができる。高ダイナミックレンジ(HDR)であるので、自動車環境と同じ、厳しい微光、混合光状況でも、そのセンサは鮮明ではっきりした画像とビデオを供給できる。
 簡素化された高速設計、自動車カメラアプリケーションのテストと実装に加えて、協力関係によりApolloエコシステムメンバーは、ON Semiconductorの技術サポートと製品情報に優先的にアクセスできる。すべてのApolloパートナーーは、ON Semiconductorからの将来世代、ブレイクスルーイメージセンシング技術と早期に連動する機会が得られる。
 「自動運転のセンサとしてカメラの重要性を考え、われわれはApolloプラットフォームの選定過程で多くの側面を考慮した。これに含まれるのは、製品ロードマップ、自動車の経験、エコシステムプラットフォームの技術的サポートである。Apolloプラットフォームイメージセンサ需要にとってON Semiconductorは適切な選択である」とBaiduのインテリジェントドライビンググルーブVP、ジェネラルマネージャ、Zhenyu Li氏はコメントしている。
 Baiduは中国の大手インターネット検索プロバイダー。BaiduのADSsは、NASDAQグローバルセレクト市場において、”BIDU”シンボルで取引されている。
(詳細は、www.onsemi.com)