All about Photonics

Business/Market 詳細

ADAS世界市場、2025年までに1430億ドルに達する見込

December, 25, 2017, Portland--アライドマーケットリサーチ(Allied Market Research)のレポート「コンポーネントタイプ毎の運転車支援システム(ADAS)、世界の市場機会分析と産業予測、2017-2025」によると、世界のADAS市場は、2016年に251億1600万ドルに達し、2017-2025にCAGR 21.2%で成長して、2025年には1430億5100万ドルに達する見込である。
 ADASアプリケーションは主にヨーロッパ地域で採用されている。従ってこの地域が世界市場の最大販売額に貢献している、これに北米、APAC、LAMEAが続いている。
 ADAS市場を牽引するのは、今後予想される需要、快適性、安全関連の政府の規制強化、コンシューマーの安全への高い注目度などである。とはいえ、価格圧力、インフレーション、試験システムの複雑さと難しさが市場成長の阻害要因となっている。
 2016年システムタイプが、販売額でコンポーネントタイプ分野に対して優勢だった。さらに2016年では、システムタイプベースでは、適応型照明システム(AFS)が世界市場を牽引した、これに続いたのが車線逸脱警報システム。しかし、予測期間ではタイヤ圧力モニタリングセグメントの成長が最高CAGRと見られている。同様にしてセンサタイプセグメントでは、RADARセンサが売上ベースで2016年の市場全体をリードした、これに続いたのがイメージセンサ。

調査結果の要点
・2016年世界のADAS市場では、システムタイプセグメントが最高販売額だった。
・2016年、システムタイプセグメントでは、適応型照明システムが最高販売額。
・LAMEAが、予測期間で最高CAGRを示すと予測されている。
・2016年、ヨーロッパ地域が最高市場シェア、これに北米、APAC、LAMEAが続いた。
(詳細は、www.alliedmarketresearch.com)