All about Photonics

Business/Market 詳細

局外設備光ファイバ導入器具市場予測

December, 14, 2017, Aptos--エレクトロニキャスト(ElectroniCast Consultants)によると、局外設備(OSP)光ファイバ導入器具の北米での利用は、2017年に2億7600万ドルに達する見込みである。
 ElectroniCastは、北米で使用される局外設備(OSP)光ファイバ導入器具(FOIA)に用いられる選択した製品をカバーする市場調査結果を発表した。
 北米地域における選択されたOSP FOIA製品の消費額は、2017年に2億7600万ドル、2027年には4億2320万ドルに増加すると予測される。この市場予測データは、特定暦年の消費を示すもので、累積データではない。
 北米はリーダーシップの立場で優位に立つと予測されており、市場は予測期間の前半(2017-2022)における年平均成長率5.8%で拡大する見込みである。
 ElectroniCastによると、光ファイバ利用はエンドユーザーにますます近づき、ファイバ接続用要件がますます重要になる。局内外設備のFOIAには、スプライシング、ケーブルアセンブリ(ケーブル/コネクタ)、分配ボックス/パネル/フレーム、パッチパネル、スプライスクロージャ、ファイバ管理キャビネット/ボックスおよびいくつかのパッシブ光コンポーネントが導入器具で使用されており、これらがネットワークのコストと性能で重要な役割を果たす。一般に、融着接続とある程度のメカニカルスプライスが、頻繁な脱着が必要とされないところでは用いられる。コネクタは、一般にルーティングや再構成が必要なアプリケーションで用いられる。
 通信/マルチメディアアプリケーションは、この市場調査でカバーする選択したOSPで、2017年の2億5200万ドルから堅調に成長すると予測されている。予測された成長は、主にアクセスファイバ導入(FTTx)、メトロ戦略における転送レート向上に牽引されるものである。
(詳細は、www.electronicast.com)