All about Photonics

Business/Market 詳細

産業用商業用LED照明市場、2023年に794憶ドル

December, 7, 2017, Portland--アライドマーケットリサーチ(Allied Market Research)のレポート「アプリケーションとエンドユーザーごとの産業および商用LED照明市場、2017-2023年世界市場分析」によると、世界の産業/商用LED照明市場は、2016年に296憶ドル、2017-2023年にCAGR 14.9%成長で2023年には794憶9000慢ドルに達する見込みである。
 この市場は現在、ヨーロッパが優勢、次に北米。2016年、ドイツがヨーロッパ市場で優位を占めた。同様に、北米では米国が市場全体をリードしている。一方、APACでは現在、中国が市場で優位を占めている。
 高効率、有利な政府の政策、コンパクトでロバストなLEDsの特性が、産業用/商用LED照明市場の成長の原動力となっている。しかし、初期導入コストが市場の成長の阻害要因となっている。
 2016年、住宅分野が販売額で、エンドユーザーセグメントの中で優勢を占めた。さらに、アプリケーションベースでは、屋内照明が世界市場をリードしている。それに続くのが、2016年では商用である。とは言え、産業アプリケーションセグメントが、予測期間では最高CAGR成長と予測されている。

産業用と商用LED照明市場調査要点
・2016年産業用、商用LED照明市場で屋内照明セグメントが最高販売額を記録した。
・2016年、住宅用途が、エンドユーザーセグメントで最高販売額だった。
・LAMEAが、予測期間で最高CAGRを示すと予測されている。
・2016年、ヨーロッパが最高市場シェア、これに続くのが北米だった。
(詳細は、www.alliedmarketresearch.com)