All about Photonics

Business/Market 詳細

3DプリンティングのMaterialiseとSiemens Healthineersが提携

November, 30, 2017, Plymouth--3Dプリンティングサービスとソフトウエアソリューションのプロバイダー、マテリアライズ(Materialise NV)と医療技術会社Siemens Healthineersは、提携してMaterialise Mimics inPrintソフトウエアを世界中の病院に供給すると発表した。
 3Dプリンティングは医療分野で急速に成長しており、病院で3Dプリンティングのソフトウエアがもっと利用しやすくなれば、3Dプリンティングは主流にさえなる。今回の提携により、病院で解剖学的モデルをプリントするための専用ソリューション、Materialise Mimics inPrintソフトウエアはSiemens Healthineers syngo.viaオープンアプリプラットフォームを通じて放射線科医が使いやすくなる。
 バーチャル3D解剖学的モデルを採用することで手術計画、放射線科医と外科チーム間の協働が容易になる。3Dプリントされた解剖学的モデルは、患者とのやり取り、解剖学的に複雑な病状関連のトレーニングや教育を改善する。
「3Dプリンティングは医療産業に変革をもたらしつつあるとわれわれは見ている。われわれの3Dプリンティングソフトウエアを、より多くの患者や病院が利用しやすくなる方法を当社は常に探っている。Siemens Healthineersのような世界的なヘルスケアリーダーと提携することで、正にそれができる」とMaterialiseの医療担当VP、Brigitte de Vetはコメントしている。
 そのソフトウエアをsyngo.viaに組み込むことで、Mimics inPrintは標準的な病院のワークフローに直接組み込まれる。これによりインハウスおよびMaterialiseの3Dプリンティングサービスが安全で利用しやすくなる。3Dプリンティングの臨床環境への統合が容易になり、患者と病院にとっての品質向上、コスト効率の高いケアに貢献することになる。個々の患者は、Materialiseの患者特定ソリューションを通じて個別化ソアを利用できるようになる。
(詳細は、www.materialise.com)