All about Photonics

Business/Market 詳細

量子暗号市場2022年に9億4370万ドル

November, 22, 2017, Maharashtra--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)の「量子暗号市場、コンポーネント、アプリケーション、組織規模、業界と地域、2022年までの世界予測」によると、世界の量子暗号市場規模は、2017年の2億8570万ドルから、CAGR 27.0%成長で2022年には9億4370万ドルに達する見込みである。
 量子暗号市場の主要成長原動力には、サイバーアタックの増加、データセキュリティやプライバシー懸念の増加が含まれる。さらに、クラウドストレージやコンピューティング技術採用の増加、次世代ワイヤレスネットワーク技術の進化も、市場成長を後押しする要素に含まれる。

予測期間で、導入サービスセグメントが量子暗号市場における最速成長サービス
 導入サービスが勢いづいている。ベンダのセキュリティ提供とクライアントのビジネス機能や既存のセキュリティ機構との統合に役立つからである。インテグレーションサービスは、顧客の要求を収集し、次に量子暗号ソリューションを導入、統合、テストし始動させる。したがって、量子暗号は、安全なデータ伝送要求の増加を満たすように、ソリューションを新規導入するため,企業で勢いづいている。

ITとテレコムが、予測期間で量子暗号市場の最大市場シェアを維持
 ITとテレコム業界は、絶えず発展しており、イノベーションと成長の中心地である。テレコム事業機能は、1日に膨大なデータを生成する。そのため、高信頼の量子暗号ソリューションが殊の外必要になる。テレコムオペレータは、量子暗号ソリューションを採用しつつあり、AESのような規則に適合しながら、顧客に安全な情報を提供しようとしてる。さらに、サイバーアタックの増加とともに、ICTとITやテレコムを含む複数の業界の統合が増えており、これがセキュリティと安全の必要性を高めている。
 予測期間で北米が量子暗号市場の最大市場シェアとなる見込みである。
(詳細は、www.marketsandmarkets.com)