All about Photonics

Business/Market 詳細

CiscoとSiemensが主要スマートシティサプライヤー

November, 14, 2017, Boulder--Navigant Researchによると、スマートシティソリューションとサービスの世界市場は、2017年の401億ドルから成長して2026年には942億ドルに達する見込である。
 同社の新しいリーダーボードレポートは16のスマートシティサプライヤーの戦略と達成を調査し、CiscoとSiemensを市場リーダーとしている。
 スマートシティ市場の背景にある原動力には最も困難な開発のいくつかが含まれ、継続的な都市化の進行、都市の排出物削減や資源消費管理の改善の必要性、都市への増加する経済的、環境的圧力などがある。これらの発展は、急速な技術開発と絡み合っており、サプライヤーや都市に多くの機会を与える複雑さになっている。ナビガントリサーチのレポートによると、戦略と達成の点では、CiscoとSiemensが主要なスマートシティサプライヤーである。
「CiscoとSiemensのリーダー的位置は、両社がいかに、都市向け製品を継続して進化させ、適合させているかの反映である。両社は、都市のイノベーション、強力な分野特定ソリューション、また継続的な考え抜かれたリーダーシップと都市への関わりに対する取り組みで、統合的視点も示してきた」とナビガントリサーチのリサーチディレクター、Eric Woodsは分析している。
 同社によると、スマートシティソリューションとサービスの世界市場は、2017年の401億ドルから成長して2026年には942億ドルに達する見込である。この市場で成功を目論むサプライヤーが市場競合の後に続く。競合ベンダは、都市のイノベーションに向けてIoTプラットフォームの開発に重点的に取り組む市場リーダーへの圧力を強めることになる。
(詳細は、www.navigantresearch.com)