All about Photonics

Business/Market 詳細

自動車照明、新機能の開発を可能にするSSL技術

October, 10, 2017, Lyon--Yole Développementの調査によると、自動車照明市場は、2016年に257億ドルに達し、2016-2022年にCAGR 5.7%で成長して、2022年には359億ドルに達する見込みである。2017年、Yole Développementの推定で、市場は、277億ドルに迫る。
 この成長を後押しするのは、LEDコストの低減、LED普及率の増加。LEDモジュールの標準化と最適化がコスト低減の背後にある主要素。これにより、LED技術を搭載した車両が増加した。
 Yole Développementによると、自動車照明は、業界を再形成するような技術革新と組み合わさった予想外の急成長に直面している。
 完全LEDヘッドライトが2007年に導入されて以来、LED技術は徐々にヘッドライトデザインに浸透してきた。LED技術により、照明は際立った特徴を出すようになり、2013年に導入されたギラつきのない適応型入ビームなどの画期的な機能が可能になった。LED技術の利用は、ハイエンド車両に限られており、従来光源、つまりハロゲンや高輝度放電ランプ(HID/Xenon)などと競争しなければならなかった。改善されたLED性能、消費電力の低下、柔軟なデザインがLED普及要因の筆頭に挙げられる。さらに、コスト低下が、全ての車両カテゴリへのLED技術普及に貢献した。
 自動車照明は外部照明、特にヘッドライトに後押しされ、全市場売り上げの2/3以上を生み出している。尾灯は第2の大きな領域で、全市場売り上げの17%を占める。車内照明は約10%だが、成長は自律走行車の開発や「リビング」としての車両の実現にリンクすると見なされている。他のタイプの照明、フォグランプ、CHMSL、スモールランプは、2016年の販売額で残りの7%を占める。
 「2022年には1億台以上の自動車が販売されるが、照明市場への影響は限られている」とYoleの技術&市場アナリスト、Pierrick Boulayはコメントしている。自動車照明市場は、2022年に360億ドルに達する。「照明成長の主因は、LED技術の浸透が、ハイエンド車両から中級、ローエンド車両に広がっていることだ。LED技術の浸透、より全般的にはSSL技術によって新しい機能の開発が可能になる」。
(詳細は、www.yole.fr)