All about Photonics

Business/Market 詳細

CMOSとCCDセンサ世界市場、2022年までに2倍に拡大

October, 10, 2017, Wellesley--需要増、高い製品多様化、コンシューマエレクトロニクス市場における技術革新が、CMOSやCCDセンサの健全な需要を後押ししている。BCCリサーチレポートによると、CCDとCMOSセンサ世界市場は2017-2022年に2倍以上に成長する。CAGR 16.9%で成長し、2017年の139億ドルから、2022年には303億ドルに達する見込みである。

調査のハイライト
・CMOSセンサに対するCCDの利点は、感度、形状歪がないこと、優れたSNR。
 CMOSセンサは、スマートフォン、ラップトップ、カメラ分野の他のアプリケーションに使用されている。
 CMOSセンサ需要は増加が続いている。低消費電力とカメラとチップとの統合のしやすさのためである。

 BCCリサーチアナリスト、Gaurav Sinhaは「現在、CMOSとCCDセンサは効率的な産業とプロセスを提供している。技術は、歪計測、効率的なモニタリングなどの検出機能を提供する。これらは、将来のスマートインダストリ開発への手段である」とコメントしている。