All about Photonics

Business/Market 詳細

EllectroniCast、プロフェッショナルプロダクションLED照明、10年予測

August, 9, 2017, Aptos--ElectroniCastの調査によると、LEDプロダクション照明の世界市場規模は、前年比で11%増となる見込みである。
 エレクトロニキャスト(ElectroniCast Consultants)は、TV/放送、映画、ビデオグラフィのLEDプロフェッショナルプロダクション照明の利用予測を発表した。
 市場予測レポートによると、LEDプロフェッショナル照明ランプ/フィクスチャの世界消費は、2016年に1億9790万ドルに達し、2015年比で11%成長だった。予測期間で、LED装備照明の規模は、2026年に5億850万ドルに増加すると予測されている。この調査レポートの市場予測データは、特定暦年の消費であり、累積データではない。
 TV/放送セグメントにおけるLEDベースプロダクション照明の世界的規模は、2016年に1億1230万ドル、映画では5710万ドル、ビデオグラフィセグメントでは2850万ドル。
 市場調査によると、TV/放送産業分野のLEDベースの照明の数量は、予測期間(2016-2026)に年平均8.6%で増加する見込みである。
 世界のTV/放送局は引き続き、スタジオをLEDベースのプロダクション照明で改良しており、目的は新しいHDTVベースの仕様による画像品質の改善。また、現行照明に対するLED照明の他の利点に含まれるのは、少ない消費電力、静かな動作(ファンが不要)、チラツキのない動作。さらに、LEDはエネルギー消費が少ないだけでなく、スタジオの空調の利用も少なくなる、これはLED照明によって発生する熱は無視できるからである。
 映画分野のLEDプロダクション照明は、照明効果と点灯照明の要件が原動力、主たる理由は、単一光源で様々な色が生成可能であるという柔軟性。加えて、技術進歩による継続的なコスト/パフォーマンスの改善がLED照明フィクスチャ市場をニッチオンリーのソリューションから、一般利用ソリューションへと押し上げている。