All about Photonics

新製品 詳細

日本モレックス「Lite-Trap™ SMT電線対基板コネクターシステム」を発表

Lite-Trap_01

August, 21, 2014--米モレックス社の日本法人・日本モレックス合同会社は、薄型LED照明モジュール用途に向けて、低背設計で電線の取出が可能な「Lite-Trap™ SMT電線対基板コネクターシステム」を発表した。本コネクターシステムは電線の容易な抜去、低挿入力、高い保持力を特徴としており、LED照明のダウンライトや管状(ストリップ)ライトをはじめ、FA機器や民生用機器において、容易な電線挿抜が求められる用途に最適である。
モレックスのLite-Trap SMT電線対基板コネクターシステムは、製品高さ4.20mmと低背の設計で、電線の挿入・抜去が容易な構造の製品である。
Lite-Trap SMT電線対基板コネクターシステムは、モレックスのWire Trapコネクターと同じ終端方式が採用されている。本コネクターシステムは、先端部の被覆を剥がした電線をコネクターに挿入することでゲート型のターミナルが押し開けられ、電線がターミナル内にロックされる仕組みがとられている。また電線を抜出す際は、ハウジング上部にあるプッシュボタン式ラッチを押し下げることによって、容易に電線を取外すことができる。
電線取出型の本コネクターは、低挿入力で接続でき、また、使い易いラッチ機構を備えているため、治具を用いず簡単に取付/取出が可能である。これらの特徴から、現場での組立/撤去を容易にし、熟練した作業者が不要となる。本コネクターシステムは、1回路タイプと2回路タイプの2製品のバリエーションがある。

Lite-Trap SMT電線対基板コネクターシステムの主な特徴
・4.20mmの低背設計によって、薄型LEDモジュールなどの小型機器用途に対応
・電線取出が容易なプッシュボタン式ラッチを装備
・デュアルコンタクト・ワイヤトラップ・クランプ設計を採用した確実な嵌合性によって、優れた電気接触と高い電線保持力を提供
・正しいワイヤ挿入長と位置を確保できるワイヤストッパー機能

日本モレックス合同会社
TEL: 046-265-2323
URL www.japanese.molex.com/link/litetrap.html