All about Photonics

Products/Applications 詳細

Osram、自動車アンビアント照明用白色LED

KW_DSLP31-CC__OSTUNE_E3030_42x26mm_cmyk

December, 10, 2020, Regensburk--ドライバーの運転席を動くリビングスペースに変える。Osramは、自動車アンビアント照明に白色LEDファミリを発表した。Ostune E1608 と E3030は、自動車のインテリアのデザイン要素に多様性を提供する。

Osram Opto SemiconductorsのOstune LEDファミリは、一般照明産業から技術的進歩と洞察を自動車に持ち込む。最初の2製品は、幅広い色温度範囲をカバーし、OEMsは、アンビアント照明に特徴的な光の多様性を提供できるようになる。エレガントで、青みがかったクールホワイトから居心地が良い赤みがかったウォームホワイトまでである。これらのLEDsの演色評価数(CRI)は90以上で、現在、自動車アプリケーション向けに入手できる最高のCRIである。

LEDベースアプリケーションは、長年、自動車分野では勝者である。ヘッドライト用の高性能LEDsから、ドライバーモニタリング用の赤外バージョン、インテリア照明用RGBソリューションまで、LEDsは、ますます市場に浸透している。しかし、アンビアント照明領域では、今日まだハロゲンランプが使われることがある。これは、エネルギー消費が大きいだけでなく、非常に大きなインストレーションスペースを占める。

Ostune E1608 と E3030は、2700から6500Kまでの幅広い色温度を提供し、OSRAMの自動車インテリア照明の広いポートフォリオを拡大する。また、顧客にとっては、多くのアプリケーションで、従来技術の省エネ、省スペース代替となる。居心地のよいインテリア照明や読書灯からミラーや足元照明までである。幅広い色範囲、多くのスモールビンから選択できるため、顧客は、簡単かつ正確に所望の白色トーンを決めることができ、それを自動車の固定デザイン要素にすることができる。特にコンパクトな1.6mm x 0.8mm x 0.6mm (E1608) と 3.0mm x 3.0mm x 0.65mm (E3030)に加えて、製品は、自動車インテリアで傑出した演色評価数を提供している。Ostune E1608は、低い輝度範囲から7ルーメン超まで、E3030は、上限70ルーメンまでをカバーする。

(詳細は、https://www.osram.com/)