All about Photonics

Products/Applications 詳細

Osram、園芸照明用に新世代Oslon Square Hyper Red LEDs

300dpi_Horticulture

January, 27, 2020, Regensburg--最先端の照明技術を利用すると、様々な植物の理想的な成長に必要になる、最適な光を供給することが可能になり、ある特性を発展させることができる。植物は、特殊な照明ソリューションにより、非常に限られたスペースで、極めて高い収量で成長可能である。グリーンハウスオーナーには、エネルギーフットプリントは生産にとって極めて重要である。Oslon Square Hyper Redは、現在市場にある競合製製品よりも遙かに効果的に効率改善に貢献する。

暗い季節中、われわれの多くは、十分な光を得られないことの影響を経験する。日が短くなると、疲労を感じるようになる。植物も同じ状況にある。十分な光が得られないと、その光合成は十分に機能しない。

植物は、主に赤(640~700nm)と青い光(400~490nm)を成長に必要としている。例えば、赤い光は、植物のバイオマス生産を促進する。

波長660nm、新世代Oslon Square Hyper Redは、Osram Opto Semiconductorsの包括的園芸ポートフォリオにおけるフラッグシップ製品である。傑出した効率値に加えて、グリーンハウス経営者は、73%電力変換効率(WPE)で1030mW放射束、700mA、4.0 µmol/J効率で5.7 µmol/s光子束から利益をうける。より高効率を必要とするアプリケーションには、そのLEDは、350mAの駆動電流で78%、250mAで80%を提供する。効率は、4.6 µmol/J。クラス最高の効率値に加えて、顧客は、高温でも100000時間を超える長寿命から恩恵を受ける。その表面実装可能コンポーネントは、堅牢なシリコーンレンズで仕上げたセラミックパッケージである。

「園芸照明は、絶対的な成長市場である。当社は、より多くの、また常に改善される製品を供給することで多年にわたりリードしてきた。著しく改善された効率値は、当社の顧客にとっては、エネルギーの大幅節約となる。実証済みのコンパクトな3.0 mm x 3.0 mmフットプリントにより、グリーンハウスオーナーは、既存照明システムを最新のLED技術に容易にアップグレードできる」とOsramの製品マネージャ、Yong Sheng Chewは説明している。