All about Photonics

Products/Applications 詳細

Osramの新しいLEDで超スリムなヘッドライトデザイン

300dpi_Schmale_Autoscheinwerfer

January, 20, 2020, Regensburg--近年、自動車照明の技術的進歩により光は、現代の自動車で重要なデザイン要素になっている。小型、高輝度光源は、よりコンパクトで多用途のヘッドランプにつながる。強力なOsram Oslon Boost HMは、超スリムな自動車ヘッドランプデザインにより、このトレンドに寄与する。

適応型ヘッドライトなど、多くの特徴に加えて、このコンポーネントの微小化は、特に重要な役割を担う。Osram Oslon Boost HMで、OSRAM開発者は、わずか0.5 mm2の非常に小さなチップエリアで、1.5A、415 lmの傑出した輝度達成に成功した。

LEDパッケージも1.9 mm x 1.5 mm x 0.73 mmと特にコンパクトであり、光出力に妥協することなく、指幅のフロントヘッドランプソリューションを可能にしている。1.5Aで255 cd/mm2の輝度は、このタイプのLEDでは、間違いなくクラス最高の性能値である。

ヘッドランプだけでなく、Osram Oslon Boost HMは、他のLEDsと組み合わせて、付加的なハイビームのために使える。傑出した輝度により、そのLEDはMEMSベース適応型フロント照明システム向けの利用にも適している。Osram Opto Semiconductorsは、この新しい製品の実現には、同社の多年の経験を蓄積したパッケージ設計技術を利用することができた。Osram Oslon Boost HMのロバストなセラミックパッケージは、電気絶縁パッドにより、コンポーネント内の熱管理を容易にする。特殊な内部設計は、LEDからの放熱を容易にできる。さらに、そのLEDは、わずか4.62 K/Wの特別に低い熱抵抗で光る。

「Osram Oslon Boost HMで、われわれはOslon Boost製品ファミリを拡大して特別に高輝度レベルを加えただけでなく、超スリムなヘッドライト開発で顧客を支援している。われわれの製品により、未来の自動車は、’新しい顔’を特徴とするようになるだろう」とOsram Opto Semiconductorsの自動車エクステリアマーケティングマネージャ、Florian Finkは説明している。
(詳細は、https://www.osram.com/)