All about Photonics

Business/Market 詳細

垂直農業市場、2026年に127億7000万ドル

September, 17, 2019, Portland--Allied Market Researchのレポート「垂直農業市場、コンポーネント、構造、成長メカニズムごと、2019-2026年グローバル機会分析と産業予測」によると、市場規模は、2018年に22億3000万ドル、2019-2026年にCAGR 24.6%で成長して、2026年には127億7000万ドルに達する見込みである。
 2018年、水耕法垂直農業が市場で40%以上のシェアだったが、その優位性は予測期間を通じて維持される見込みである。より少ない空間で、栄養価の高い食品を多く生産できるからである。さらに、その生育メカニズムは、従来の農業と比べると使用する水は10倍少ない。
 APACは、政府の政策や私企業の協力により、主要な売上寄与地域である。この地域の市場の成長は、水位枯渇の警戒レート、干ばつ地域の存在、環境問題の増加など要因に貢献する。
 照明コンポーネントセグメントは、2018年、26%を超えるシェアだった。照明デバイスは、垂直農業の重要コンポーネント。照明は、陽光の置き替えとして植物の成長を促進するからである。これらのデバイスは、LED照明システムを利用する。LED照明は、同時にデュアルバンドスペクトルを放出し、効率と低発熱を維持する。照明システムは、作物の生育に従い、光合成波長を供給する、これにより作物収量を最大化し、最小電力消費を保証する。したがって農民は、垂直農業では他の照明技術に対してLED照明システムを選択する。
 AMRの半導体とエレクトロニクス担当、主席アナリスト、Ankit Prajapatiは、「収益に関して、垂直農業市場は、前例のないスピードで成長している。今後、それが維持されると予測しているこれは、水位の低下、都市人口の増加、世界的な有機食品需要増加によるものである」と分析している。

調査の要点
・収益では、2018年照明コンポーネントが最大市場シェアに貢献したが、予測期間を通じてそれは続くと見られている。
・空中栽培が予測期間に最高CAGRでの成長が見込まれている。
・2018年、水耕成長メカニズムセグメントが、垂直農業市場で約2/5のシェアを占めたが、これは全ての生育メカニズムの中で最高だった。
・2018年、APACが世界の48%のシェア、この優位は今後垂直農業市場で続く見込である。

(詳細は、https://www.alliedmarketresearch.com/)