All about Photonics

Business/Market 詳細

一般照明市場、2022年までCAGR 5.2%成長

July, 19, 2018, Wellesley--BCCリサーチ(BCC Research)の「一般照明: 2022までの世界市場」レポートによると、強力な政府の規制、急速な技術進歩、下落するLED価格、資本回収期間の縮小が世界の照明市場成長を後押ししている。
 業界は、2022年までCAGR 5.2%成長を見込んでおり、市場規模は483億ドルに達すると予測している。

調査ハイライト
・住宅部門は、成長と規模の両方でリードすると見られており、CAGR 5.7%成長で2022年には150億ドルに達すると予測されている。オフィスは、CAGR 5.4%成長、2022年には125億ドルに達する見込である。
・システムタイプでは、照明器具が、規模と成長の両方で市場をリードし、CAGR 5.8%、推定市場規模は2022に226億ドル。制御コンポーネントは、CAGR 5.5%、フィクスチャはCAGR 4.2%成長。
・APAC地域が、成長で、コンパクト蛍光ランプ市場より優位に立つが、北米は規模でリードし、推定で2022年には27億ドル、これにヨーロッパが23億ドルで続く。
 
 「一般照明グローバル市場は現在、大きな成長フェーズを経験している。業界関係者は、ユニバーサルソリューションに対する基本的要求に応えようとしている。そのようなユニバーサルソリューションは、多様なアプリケーションの互換性ニーズを満たすと見られており、同時に使いやすく、導入しやすくなければならない」とレポートの筆者、Sinha G. Gauravは指摘している。
 LEDやOLEDなど新しい照明製品は過去の技術よりも効率が優れているが、初期購入価格は相対的に高い。これは、価格に敏感な消費者は、購入を遅らせるということである。同時に、市場は広大であり、十分に確立されており、製品で溢れている。ブランド忠実度は低く、企業は価格を下げ、広告を打って差別化する必要がある。これが利益に食い込む2つの要素である。