All about Photonics

Business/Market 詳細

一般照明用LEDランプ消費額、2022年に308億1000万ドル

June, 29, 2018, Aptos--ElectroniCast Consultantsは、一般照明アプリケーションのLEDランプ消費額予測と分析を発表した。
 この市場調査によると、一般照明指定LEDランプの世界的消費額は、2017年に推定231億5000万ドルに達した。
 この調査でカバーするLEDランプは、固定位置で使用される照明器具(非車輌/非可搬)一般照明アプリケーション。ランプは、既存(インストールベース)ランプの修復/置き換えとともに、新しい照明器具でも用いられる。一般照明の定義は、エリアの主照明として使用される照明。ElectroniCastの一般照明の定義は、指向性および補完照明も含む。
 LEDは、機能的および装飾的照明器具の両方で用いられ、省エネのメリットがある。白熱電球と比較して、LEDベース固体照明(SSL)は発熱が少ない可視光を発する。加えて、固体であるため、衝撃、振動、摩耗耐性が高く、寿命が大幅に延びる。
 消費額は、2022年に308億1000万ドル、2027年に363億4000万ドルに増加すると予測されている。この調査レポートの市場予測データは、特定暦年の消費額であり、累積データではない。