All about Photonics

Business/Market 詳細

LED照明市場、2025年までCAGR 14.4%成長

April, 3, 2018, London--Grand View Research, Inc.のレポートによると、世界のLED照明市場規模は、2025年には1089億9000万ドルに達する見込である。予測期間にCAGR 14.4%で成長すると記録されている。
 省エネ能力の継続的な進歩、標準偏差色合わせ制御法(SDCM)の導入、CFLと比較して長寿命が、世界的レベルでLEDランプ需要を加速した。スマート/コネクテッドライティングの導入、住宅、商業および工業分野での負数の用途も市場の成長に拍車をかけた。
 次世代照明は、高効率、低運用コスト、熱損失の低減などの利点により、白熱電球の置き換えとなった。技術的進歩、従来照明からグリーンな照明への変更、強化されたエネルギー効率基準、下落する価格も需要に拍車をかけた。さらに、US、EU、中国やカナダで従来照明とエネルギー消費に対する厳しい規制政策が今後、市場需要を促進すると見られている。エネルギー効率の類別に対応する評価と設計基準も日本や中国などの国々で普及している。
 屋内LED照明セグメントが、2016年では最大シェアであったが、2017-2025年では比較的に成長率は低くなる見通しである。蛍光灯、HID、白熱電球の代替としてのLEDの高い採用率が大規模屋内照明に道を開いた。

レポートの要点
・世界のLED照明市場は、2017-2025年にCAGR 14.4%で成長する見込みである
・2016年にOLEDが最大セグメントとして登場し、2025年には販売額は580億ドルとなる予測
・世界のLED照明器具需要は、2016年に106億3000万ドルだったが、予測期間に驚愕的な成長が見込まれている。
・米国のLED建築照明市場は、2016年に7億9000万ドルだったが、予測期間にCAGR 15.0%程度の成長が見込まれている。
・APACの産業は、次の10年で大幅な成長が予測されている。これは、住宅および商業分野のエネルギー効率のよい照明に対する膨大な需要のためである。地域市場は、2017-2025年にCAGR 15.4%成長が見込まれている。