All about Photonics

Business/Market 詳細

LCDベンダー、OLED競合に巻き返しを図る

December, 8, 2017, Taipei--Digitimes Researchによると、世界のTFT LCDパネルメーカーは、単一優位AMOLED全画面パネルベンダーとより効果的に競争するために、プロファイル全画面パネルの開発を加速するとみられている。Samsung Displayは、改善技術を活用し、中国で6G LTPS LCDと6G-8.6G IGZO LCD製造ラインからの製造を増やす。
 AppleからのAMOLEDパネル受注獲得も狙っているが、LG Display, Japan Display (JDI) および Sharpを含む多くのAMOLEDパネルサプライヤは、そのような受注ではSamsung Displayに負け続ける。少なくとも2018年の最初の3四半期は、これらのメーカーのAMOLEDパネルの開発が予想以上に遅れているからである。
 とは言え、TFT LCDパネルメーカーが、ハイエンドスマートフォンパネルセグメントでそのシェアを維持し続けることは十分に考えられ。これは、TFT LCDプロファイルパネルの湾曲エッジ効果が改善しているからである、一方スクリーンバーンインは引き続き、OLEDsでは共通の課題であり、特に長期使用後に起こるとされている。
(詳細は、www.digitimes.com)